これまで皆様からお寄せいただいたご質問をまとめました。
参考になさって下さい。

スピナーベイトには、使用出来るんですか?
ハイ、使用できます。ルーバはほとんどのハードルアーに使用出来ます。
ただ、ルアー先端にスイベル等を付けることが条件になります。
ルーバが根がかりを取るのに絶対に必要になるのでくれぐれもお忘れなく!
スプリットリングは使用出来るんですか?
ルアーの種類によって使用出来るものと、出来ないものがあります。
ルアーにリングをセットしたとき、リング全体がルーバ先端の十字切れ込みにスッポリ入るものであれば大丈夫です。
ルーバ本体が根がかりすることはありませんか?
もちろん、絶対にしないとは言えません。ただ、ちょっとしたコツさえつかめば平気です。
ルアーの根がかりが外せたら、素早くルーバを水底を這わせないように引き上げてください。
回収率はどれくらいですか?
メーカーテストでは、約70%くらいです。
人によっては100%の人もいれば、50%くらいの人もいます。
とにかく使って慣れてくれば必ず回収率は向上します。健闘を祈ります。
ラインはどんなものでも大丈夫ですか?
基本的には大丈夫です。
ラインの太さも4ポンドから14ポンドくらいまで対応できます。ナイロン、フロロ、PEなどもOKです。
ルーバは海でも使えますか?
使えます。シーバスをやられる方が多いと思いますが、とりあえずハードルアーやワームでスイベルを使えば回収出来ます。
ただ、ルーバに巻いてある引き糸は20mなのでそれ以上の根がかりでは回収率が低下します。
ルーバ『カジュアル』と『ウノ』はどう違うのですか?
ルーバ本体は同じ機能です。ただし、『ウノ』には暗闇でも発光する畜光タイプがついています。
引き糸を巻取るボディでは『カジュアル』は引き糸のロック機構が付いています。
『ウノ』ではフライリールタイプのデザインを採用しています。
ルーバ本体が、水中で切れて無くなる事はありますか?
あります。でも、何回か使って慣れてくればほとんど無くさずに済みます。
万が一無くしてしまったら、メーカーでは部品だけの販売も承ります。お気軽にご相談ください。